インターネットのつかいかた         
メインページへもどる

粟野小ホームへ




インターネットのつかいかた


 1.ほかのウェブページにうつることを「リンク」といいます。ふつう、リンクできるところは、文字の色がちがいます。 それから、リンクできるところは「矢印(やじるし)マーク」が「指(ゆび)マーク」に変わります。


下の文字はリンクできるようになっています。マークがどのように変わるかたしかめてみましょう。


ここからもメインページにもどれるよ!





 2.「リンク」の時、ただクリックしているだけでは、前のページに戻るのがむずかしい場合があります。 そのような時は、右クリックして「新しいウィンドウを開く」でリンク先に行くと便利です。




ここを右クリックして「新しいウィンドウを開く」でリンク先(パソコンメインページ)に行ってみよう!





  3.ホームページのアドレス(住所)がわかるときは、「アドレスバー」に
半角英数文字で打ってみよう。



たとえば、「キッズヤフー」のウェブサイトのアドレスは、[http://kids.yahoo.co.jp/]なので図のようにアドレスバーに打ちます。 アドレスを打ったら、「Enter」キーを押してください。そうすると、「キッズヤフー」のサイトに自動的にいきます。
下のボックスに 練習でhttp://kids.yahoo.co.jp/ と打ってみよう!





  4.いろいろなことを調べてみよう。たとえば、「キッズヤフー」で「料理のレシピ」に
ついて調べるとします。


インターネットでいろいろ調べる事を「検索(けんさく)する」といいます。このとき、言葉を並べて検索するよりも、キーワード になる言葉を入れて、検索したほうが多くの資料を探し出すことができます。

たとえば、「料理のレシピ」で検索すると・・・



でも、「料理」「レシピ」で検索すると・・・



となります。検索の数がいくつちがうかわかるかな?